手術について

手術提携医療機関にて院長が直接手術を行います

手術中の写真

寺崎脳神経外科では、手術が必要であると診断した場合、院長自ら提携医療機関に出向し、手術を行います。

大学病院での経験や、海外留学などの経験により、一般的な脳疾患(脳梗塞、てんかん、頭うったなどの外傷、耳鳴、認知症)のみならず、難易度の高い脳疾患(脳腫瘍)の治療も可能です。

また、九州圏内では小児の脳腫瘍を適切に診断し、治療することが可能な先生が少ないのですが、小児病院での経験を活かし、適切な診断・処置・手術が可能です。

対応可能手術

  • ・神経膠腫
  • ・頭蓋底脳腫瘍聴神経腫瘍
  • ・脳下垂体腫瘍
  • ・髄膜種
  • ・転移性脳腫瘍
  • ・顔面けいれん
  • ・三叉神経痛 
  • ・舌咽神経痛
  • ・脳動脈種

手術について

福島式鍵穴手術

福島式鍵穴手術の写真

福島式鍵穴手術とは、脳外科手術で必要な開頭の範囲を最小限にとどめ、患者様の身体的な負担とリスクをおさえる術式です。

「髄膜種」「聴神経腫瘍」「下垂体腫瘍」や、神経血管減圧術といわれる脳神経外科治療が必要な「三叉神経痛」「顔面けいれん」など、様々な疾患に対する手術法として、再発するリスクのない手術を行っています。

鍵穴とは名前の通り従来よりも小さい開頭という意味もありますが、同時にその穴が最も重要な「鍵」となる穴。という意味も含まれています。これには回答をする場所が重要になります。
正確な解剖学的知識と術者の経験が最も重要になるのです。
また近年のMRI、CT、ナビゲーションシステムなどの素晴らしい医療機関の発展から、手術前から正確な位置を把握できるシステムがこの制度を上げることができるようになりました。

手術提携医療機関

一ノ宮脳神経外科(大分県日田市)
http://www.ichinomiya-nh.com/
筑後市立病院(福岡県筑後市)
http://www.chikugocity-hp.jp/
公立八女総合病院
http://www.hosp-yame.jp/hospital/