脳神経外科 / リハビリ科

日常的に起こる「頭痛」「めまい」「ふらつき」「物忘れ」など少しでも気になる方地域のかかりつけ医としてお気軽にご利用ください。

脳神経外科

このような症状のある方は、一度ご相談ください。

頭痛 話し方がおかしい 歩きにくい(よく転ぶ) 顔面のけいれん
めまい・ふらつき 物忘れ(怒りっぽくなった) 手足がしびれる 聞こえが悪くなった
力が入りにくい 物が二重に見える 手足がふるえる
診察をする寺埼先生と患者の写真

脳神経外科は、脳・脊髄などの中枢神経と、末梢神経の脳疾患を診ることができます。
脳の病気は、自身ではなかなか気づきにくいことが多く、一般的に診断や治療計画の立案が難しいとされています。

寺崎脳神経外科では、大学病院や海外留学などでの数多くの経験から、適切な診断や治療方針を決め、患者様にとって最善の治療を行います。

また、外科的処置が必要な場合は、手術提携医療機関に出向し院長自ら手術を行う為、診断から治療、手術まで安心して治療を受けて頂く事が可能です。
手術後もリハビリが必要な場合は、院内にリハビリ施設を完備しており、術後のアフターケアや、加齢に伴う変化などの定期的検査なども行っております。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、動静脈奇形、脳腫瘍、頭部外傷などの脳疾患は早期診断、治療、並びに予防が非常に重要になります。

頭痛、めまい、しびれ、物忘れなど気になる症状がございましたらお気軽に何でもご相談ください。

対象脳疾患

大手の病院などで診断がつけられない場合でも、一度ご相談ください。
多くの経験から、診断や治療方針をつける事が出来るかもしれません。

脳卒中関係
脳梗塞、くも膜下出血、脳出血、未破裂脳動脈瘤、脳動脈硬化症、頚動脈狭窄症、もやもや病、椎骨動脈解離
脳卒中後遺症
頭痛
一次性頭痛、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、頚肩腕症候群、頭蓋内疾患による二次性頭痛
脳腫瘍
髄膜腫、神経膠腫、転移性脳腫瘍、頭蓋内胚細胞腫など
下垂体機能障害
中枢性尿崩症、下垂体機能低下症、高プロラクチン血症、先端巨大症、クッシング病
頭部外傷
頭部挫創、慢性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷など
水頭症
正常圧水頭症、先天性水頭症のシャント術後
パーキンソン症候群
三叉神経痛、顔面痙攣
てんかん
脊髄疾患
キアリ奇形、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、後縦靭帯骨化症、黄靱帯骨化症など
末梢神経障害
胸郭出口症候群、手根管症候群、橈骨神経麻痺、肘部管症候群、足根管症候群など
認知症
アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症など
めまい
頭位変換性めまい、中枢性めまい
起立性低血圧

リハビリ科

看護師とリハビリを受ける患者

リハビリテーション科では、手術後のケアや、加齢による筋力の低下などを理学療法により治療します。

「少し関節の動きが悪い」「物に躓きやすくなった」などの日常的に起こりうる症状でも、専門的な知識を活かし、最適な治療を行ってまいります。また、普段の生活の中での身体のちょっとした変化などもお気軽にご相談いただければ、生活習慣の改善や、指導もさせて頂きます。

どうぞ、お気軽にご利用ください。